HPトップにtwitterへのダイレクトメッセージが可能なアイコンを追加しました

当行政書士事務所のHPにも、アクセス解析を見る限りでは1日に1人から数人程度、アクセスがなくもない、という状況になってきました。

もちろんまだ立ち上げてから2か月も経っていないうえ、これといった際立つ情報も公開していないものですので、検索エンジンで引っ掛かって…というのはまだまだのようですが。

それで、ここにきて比較的目立つというか、僅かながらにアクセスを生み出している要素、それが「social」つまり唯一このHPと連携しているSNSである「twitter」からの流入です。

画像はsite kit内アナリティクスの画面をスクショしたもの

はい、最も多くなっているのが「social」です、ちなみに検索エンジンからの流入も二番目に多いじゃないか、と思うかもですが、映っていないだけで全体が異常に少ないため、本当に気にするまでもないような数字です。

そのなかでトップに立っている「social」、つまりtwitterに関して、これまで考えていたよりも可能性があるなと感じている段階なのですが、せっかくなのでもっとtwitterからの流入を増やしたい、むしろpvの原動力にしていきたいと考え、少しトップページをいじってみました。

ということで今回はそれについて書いていきます…また行政書士業務と関係ない内容で、このままだといつまで経っても検索結果画面で順位が押し上げられる日がこないのではないかとも思ってしまいますが…

正直簡単ではなかった、特にダイレクトメッセージに繋がるアイコン?の埋め込み

それで、当行政書士事務所のtwitterアカウントはつい最近、2020年の5月に開設したものです、確かそのときもブログ記事にごちゃごちゃ書いた記憶があります↓

関連:事務所twitter開設してみた

そこから地味に投稿?ツイート?を続け、おかげさまで今日まで飽きることなく運営させて頂いているわけですが、まずこのアカウントに対して、当HPの閲覧者が直接メッセージを送ることができるようにしたいと考えました。

これは想定している「twitter→HP」という向きではなくその逆なのですが、連携を強化する上で最も重要なことではないか、と考えて真っ先に着手しました。それでい、色々と調べて実行した結果が以下↓

カードの上に付いている小さい帯がそれです…

うん、小さいです、本当に小さくて目立たない、本当にこれで合っているのか?といったところなのですが何度か試してみてもこれになりますし、実際に自分でクリックしてみてもしっかり繋がります。

それで、もちろんもっと他の、際立たせる方法がないかと模索中ではあるのですが、とりあえずこれで繋がってはいるということで。そして、自分でやっておいてすぐに忘れることもありますし、誰かが見ないとも限りません。一応やり方など書き記していくことにしましょう…

まずは「Twitter Publish」を開く、そこで下部一番右の「Twitter buttons」を選択

それで、まず最初にやるべきことは専用のページである「Twitter Publish」を開くことです。任意のツイートから「</>ツイートを埋め込む」を選択してもいけます。それで以下の画面に↓

スクショした画像です、クリックしても良いことはありません

この画面になったらスクロールして下の方↓

選択肢が3つありますが、ダイレクトメッセージのアイコンを入れたい場合には一番右、赤丸のを選択します。あとの2つは何だか知りません、真ん中の「タイムライン」というのが何なのかもまだ知りません。しかしクリックしても急に爆発したりはしないでしょうから、今度余裕のある時に調べて試してみようかと思っています。

ユーザーネームとIDを入力、ただしIDが厄介

「Twitter Buttons」を選択すると、以下のような画面が出てきます↓

そしたらまた赤丸の部分を選択、次はこの画面に移行↓

見辛いですが上がユーザーネーム、下にIDを入力するようになっています

ここまでくればあとは簡単…ではありませんでした、ここから「自分のID」を調べなくてはなりません、そしてネット上で紹介されていた方法で確認したのですが…なぜか表示されておらず、仕方ないため専用のサイトを探し、そこから調べ出すことに成功しました↓

参考:Twitter IDチェッカー

上記のサイトでユーザーネームを入力、それだけでわからなかった自分のアカウントのIDを確認することが出来ました。

あとはコードをコピーしてブログやサイトに貼り付けるだけ

自分のIDが確認出来たところで、プロフィール画面にあるユーザーネームとそのIDを先程の画面にコピペ、次の画面に進みます↓

また赤丸が汚い、次からフリーハンドはやめようと思う

それで、ここまでいけばもうあとは簡単、コピーしたコードをサイトに貼り付けるだけです。ちなみに当方は「カスタムHTML(wordpress)」でやりましたが、他にもやり方があるのかも知れません↓

ということでかなり小さいのですが、表示されていれば完成…だと思います。

これで上手く繋がるようなら引き続き連携を強化していく

ということで今回は事務所HPと、無限の可能性を秘めていると(勝手に)思っているtwitterとの連携を強化する一環として、HPからtwitterの方にダイレクトメッセージを送ることができるというアイコンの設置を行いました。

これで上手く「HP⇔twitter」のPVや、時として顧客になり得る方からの直接連絡等が得られれば良いなと考え、また、それが上手くいった場合にはさらなる連携の強化を模索していきます。

また、他にも事務所HP周りのことに関してブログで記事を書くことがあるかも知れません、見つけた際は是非お読みいただけると幸いです。

行政書士おぎ事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。