事務所twitter開設してみた

突然ですが、当行政書士事務所はtwitterを開設致しました。初日の時点ではまだプロフィール画像すらありませんでしたが、とりあえず開設だけはした感じです↓

とりあえずのツイート

ちなみに普段はSNSをほとんど使いませんので(LINEは使いますがあれはSNS?)、このtwitterの使用方法もいまいちわかっておりません、本当にアカウントを作成し、それを事務所HPと接続しただけです。

ではなぜそんなわかってもいないようなものを開設したのか?これはサイトのデータを取ってくれているgoogleのサーチコンソールにて、「行政書士 twitter」というキーワードで何度か当事務所HPが表示された形跡があったため。

つまり、微々たるものではあるでしょうが、その検索結果をキッチリ拾って閲覧に繋げようということです…

とりあえず画像を…

それで、とりあえず何も写真がない状態ではアカウントがかわいそうと判断したため、何かそれらしき画像がないものかと探りました…ありませんでした。

調べてみたところ、他の行政書士の方の多くが「自画像」を用いている、或いは行政書士徽章が描かれたもの、そして日本行政書士会連合会のマスコットキャラクターであるユキマサくんが描かれた画像を使っている方も居られました。

ユキマサ君に関しては依然何かで貰ったエコバッグにも載っていたのですが↓

貰ったエコバッグに描かれているユキマサ君

この画像に限りだと思います、思いますが、少し悪そうな感じがしなくもありません。

まあ、ユキマサ君については使っている方も多いようなので、被りが出そうな画像は避けます。となると自画像は…痩せてからにしたいところ、というか痩せる痩せるとかなり前から周りに言っているにも拘らず、さらなる成長を続けている時点でそれは望み薄なのかも知れませんね。

え~、ということで、かなり安直ではありますが事務所の外、道に面している看板をスマホで撮影し、それを(暫定の)アイコン?としておきました↓

事務所看板

画像についてはまたどうにかしていきます、というか、これで困っているようではインスタグラムなど到底始めようがありませんね…

あ、でもこの画像、HPやその他色々なところで使えそうです。

フォロー?はどうやってやっていくのか?マナーとかは?

それで次、画像が一応どうにかなった?ところで、今度はフォローだのフォロワーだのということに手を付けていかなくてはなりません。ちなみに現状では先程のユキマサ君と、それから日本行政書士会連合会のアカウントをフォローしたのみとなっています。

これはこれで良いとして、ここからフォローする相手、そして肝心なフォローしてくれる相手を探していかなくてはなりません。

ですがSNSにはSNSなりのルールやマナーといったものが存在しているようで、それに反してしまっては相手方に不快な思いをさせるだけ。そしてそのルールやマナーにはどのようなものがあるのか?どうすれば違反せずに済むのかといったことがまるでわからないのです。

周りでこういうSNSをやっている方もいない(やってはいるが公言していないだけの方も多いでしょうが…)ため、人に聞くようなこともできず、アカウント開設2日目にして早速困った事態になりました。

ということで、SNSまともに使えない勢にとっての最先端技術であるインターネット検索を駆使して、「twitter フォロワー増やす」などと調べてみている最中です。

価値のある投稿を、だとか、ターゲット層を意識しての投稿だとか、比較的HPの作成戦略と似ている部分があるようにも思えますが、やはり独特な部分もあり、それをこれから把握していかなくてはならないのでしょう。

とにかく、他の利用者の迷惑にならないようにということを第一に考えて運用していくこととします。まずはちょくちょく見かける「相互フォロー」とやらでもやってみようかと…

twitterも事務所HPと一緒に育てていきたい

以上、事務所twitterを開設したというだけのことについてダラダラと書いてきたわけですが、今後はこのHPと同等の力でそちらも育てていきたいと思います。

なにせtwitterの方はSEO対策と違い、「○○ヵ月ぐらいはやらないと結果が出ない」ということはなさそうですし、更新も簡単で2,000字程度も書くブログ記事と違って時間をとられません。非常にやり易そうだというのが現時点での感想であり、今のところはこれなら続けられそうだと感じることができています。

ですのでぜひ、いつかどこかでこのブログ記事を見られた行政書士の方、行政書士登録準備中の方、はたまたそれに関連する業種の方が居られましたら、お気軽にフォローなどして頂けると幸いです。

また、静岡県島田市近辺で行政書士をお探しの方もぜひお問い合わせ、電話、当事務所twitterよりご連絡下さい…

行政書士おぎ事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。